社会保険労務士になるための勉強時間

社会保険労務士は国家資格の一つですが、資格を取得するための難易度はどのくらいのものなのでしょうか。

社会保険労務士の資格試験を資格全体の中で見てみると、国家試験というだけあってやはりレベルもそこそこ高く、難易度が高いように感じられます。
しかしながら、国家試験の中でも特に代表的なものの中で考えてみると、難易度はそこまで高いわけでなく、中レベル程度となるでしょう。

次に、勉強時間から難易度を考えてみてみましょう。

どんな資格試験でも、その試験に合格するためには勉強をしていくことが必要不可欠ですが、社会保険労務士はどの程度の勉強量があれば合格を目指すことが出来るのでしょうか。
たとえば、司法書士の資格試験と比べて考えてみましょう。
司法書士の試験は、合格するにはだいたい3000時間から4000時間程度の勉強が必要となってきます。
それに比べて、社会保険労務士の資格試験は、合格するのにだいたい800時間から1000時間程度が必要となっているようです。
こうしてみてみると、社会保険労務士の資格試験は国家資格の中では中程度の難易度であるということがよくわかりますね。

ちなみに、社会保険労務士の資格試験の合格ラインですが、8科目全てが満点のうち6割から7割程度とっていれば、合格できるとされています。

このように、社会保険労務士は中程度の難易度の試験であるということが分かります。
自分の資格を増やすためにも、真剣に勉強に取り組んで、早期に取得してしまいたいですね。

*このサイトは現在準備中です